中学受験のベストな塾選び

息子が中学受験をしたいと言ったは小学5年生の時でした。親としても賛成だったので早速塾選びをスタートしました。中学受験の塾は家の近くにもいくつかあって、それぞれ授業形態も違っていました。
息子はどちらかというと活発で落ち着きのないタイプ、集中するときはとても集中するのですが一度、集中力が切れるともうまったく耳に入らないという状態だったので、集団指導ではなく個別指導を選びました。
今思うと、この選択は正解でした。個別指導の先生は息子の性格をよくわかってくださって、集中できる環境をつくってくださいました。おかげで勉強もメリハリをつけてできるようになりました。また計画性がなく好きな勉強ばかりする息子に、きちんと志望校合格までの道のりを作ってくださって、今何をやることが大切かをわかりやすく説明してくださいました。たぶんこの計画がなかったら偏った勉強で終わっていたと思います。個別指導塾の先生のおかげで息子の性格にあった勉強スタイルと計画を作ることができ、無事志望校にも合格することができました。個別指導塾でも中学受験の情報がとても多く、同じ塾に通っている友達もできたので、息子にとってベストな選択ができたと思っています。